検品検寸

2017年5月19日 10:00

企業に入って行う業務で「検品・検寸」という作業があります。

パタンナーが作成したパターン(型紙)を使って、縫製工場で洋服を作ります。

その洋服が出来上がった時、パターン通りの寸法で出来上がっているか、

指示した通りの縫い方で縫われているかなどの細かい部分をチェックする作業です。

 

その中で今回の授業では、検寸についての勉強です!

洋服の寸法を測るにも、

どこをどうやって測るかというポイントを学びながら実習していきます。

 

けっこう地味な作業ですが……大事な作業です!